データ入力に必要なこと

データ入力で依頼されている内容

2018年04月18日 16時44分

データ入力ときいてどんなものが入力可能なのか、依頼を考えていても予想のつきやすいものではありません。
基本的にデータ入力可能なものならなんでも依頼可能で、その幅広さは名刺作成から事典製作まで様々。
また顧客情報などの需要な情報までしっかりとした情報管理の上依頼を承ってくれます。
本当に顧客情報のような漏洩してはいけないものを依頼しても良いのか、と不安になるかもしれませんが、日本情報処理協会から「プライバシーマーク」の使用を許可されているところは正式な認可を受けて業務を行っており、信頼の証として取ることができます。
これは会社のインターネットサイトにも掲載されているマークなので、もしどうしても心配であればそれを目安に依頼されることをおすすめいたします。
そのため受注できるものは幅広く、正確、迅速にデータ入力を行ってくれますのできっと業務の効率化に繋がることでしょう。
依頼の主な例として挙げられるのが名刺、応募ハガキ、健康診断表、顧客リスト、アンケート票などです。
それらをまとめてデータ化したものを製作し、また複数人体制で確認作業も執り行われますのでより信頼のできるデータ化が期待できます。
各種原稿からのデータベース作成など、会社のシステム作りに必要なこともデータ化してくれるので、会社内でやらなければならないはずだった凡雑な作業を全て代行してくれます。
もちろん小ロットからの受注も可能となっていますので、必要に応じてご依頼ください。
このように幅広い受注内容から、新聞社様、大学様、企業様、そして官公庁様からなどから依頼を承ることに繋がっています。
いずれもしっかりとした情報管理をし、けして漏洩しないよう依頼終了後には情報の完全抹消を行っていますので安心しておまかせください。
代行会社に今後もデータが残ってしまうなどということは一切ございません。
アンケートなど集計が必要なものも、代行で行ったうえで全てデータ化し、出来上がったものをそのまま納品いたしますのでそのデータをそのまま業務にお使いいただけます。
数万通ものデータをまとめるのはとても困難を極めることですが、そういったわずらわしい作業も全ておまかせいただけるようになっています。
円滑な業務の為にもデータ入力を是非ご利用ください。